美容に本気です: 1日5分程度の時間で弱った肌が甦ります。

綺麗な女性

週に1回肌に潤いを

乾燥肌が酷く、しかも敏感肌の私は、化粧水をしっかり染み込ませることで肌の調子を整えています。
けれど、毎日しっかりカバーするのは大変なので、週に1回はしっかり肌と向き合うことにしています。化粧水でのパックをしています。化粧水が染み込んだパックを購入して顔のパックをすることもありますが、よくする方法がコットンを使用してのパックです。コットンにひたひたの化粧水を染み込ませて層になっているコットンをはがし顔に隙間なくのせていきます。鼻やほうれい線などにはこまかく裂いたコットンをのせるなど、自分がここと思うところを細かくパックできるところが気に入っています。時間は5分以内でコットンの化粧水が乾燥する前に終了します。パックで注意しないといけないのはこの乾燥です。パックが乾燥していくときが1番肌の水分量を奪われてしまうので、せっかくのパックが台無しになってしまうのでキメが荒くなる原因になるからです。パック終了後はすぐに水分を閉じ込めるためにクリームを塗ります。このパックをしていたら、段々と朝の化粧ノリがよくなってきました。ファンデーションがスーっと伸びるようになり、化粧水をしていても、肌に吸い付く感じが出てきました。ちょっとしたことですが、手軽に続けられる方法です。

Information

TOP