美容に本気です: 1日5分程度の時間で弱った肌が甦ります。

綺麗な女性

ニキビケアの正しい洗顔方法

ニキビケアの基本は洗顔です。洗顔をした後、少しペタッとする感じが残っているのが理想です。このペタッとするのは肌の保湿成分です。肌には天然保湿因子や細胞間脂質などの保湿成分が存在しています。これらが肌を外部刺激や乾燥から守ってニキビをできにくくしています。
ニキビ肌は皮脂を気にするあまり過剰に洗顔をしがちですが、保湿成分まで洗い流してしまい逆効果です。正しい洗顔方法を身につけてニキビを改善しましょう。
洗顔の前に手を洗います。汚れや雑菌を落とすだけでなく、洗顔料の泡立ちがよくなります。
洗顔料はよく泡立てましょう。空気を入れるようにしてきめ細やかな泡を作ります。手のひらにこんもり盛るくらいたくさん泡を立ててください。
泡立てたらまずはTゾーンに泡をのせます。手が顔に触れないようにしながら、クルクルと洗います。次に頬から顎にかけてのUゾーンです。最後に目元と口元です。目元と口元は乾燥しやすいので、洗顔料をのせる程度で充分です。
洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎをします。最低でも20回はすすぎましょう。あごや髪の生え際はすすぎ残しをしやすいので、特に丁寧に洗い流します。
水分は清潔で柔らかいタオルで優しく拭きとります。
正しいケアを続けていれば肌が変わってニキビができにくくなります。

Information

TOP